茨城県古河市・埼玉県久喜市のケーブルテレビ・インターネット・モバイル

会社案内  ▼サイトマップ

古河ケーブルテレビ
[ ホーム(個人) » インターネットサポート » 各種マニュアル ]

各種マニュアル

 

PDFファイルをご覧になるために

PDF形式でダウンロードされるマニュアルのデータをご覧になるためには、Adobe Acrobat Readerが必要です。 パソコンにインストールされていない方は左のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

各種マニュアルについては、下記をご参照ください。

 

 

 

インターネット接続の設定

 

パソコンの設定(WIN)
インターネット接続マニュアル(1.6MB)
パソコンの設定(Mac)
インターネット接続マニュアル(0.5MB)
ルータの設定
ルータ接続マニュアル(5.5MB)
IP電話
IP電話導入マニュアル(2.1MB)

 

 

メール設定

●メール設定について

メール
設定

●Windows
Windows メール 6.0
WindowsLiveメール 2012
Outlook Express Version 6.0
Outlook 2003
@メール Ver.3.7

●MacOS(Macintosh)
Mail

●iPhone/iPad
iPhone/iPad iOS 6

その他のメールソフトについては、随時マニュアルを作成しております。

 

●メール転送設定について

メール
転送設定
下記のメールアドレスにご連絡ください。弊社にて設定致します。
その際、下記の文面をお送りください。

 

お名前:
転送元アドレス:xxxxxxxx@rcctv.jp
転送先アドレス:xxxxxxxx@xxxx.xxxx.jp
転送元アドレスメールを:のこす/のこさない

support@rcctv.jp」にお送り頂ければ、取り急ぎ設定致します。

 

●メールアドレス追加について

メール追加契約
(有料)
メール変更

●メールアドレス追加について

メールアドレス追加について、下記料金が発生致します。

取得しているアドレスが
4アドレス以下の場合
+50円/月額
取得しているアドレスが
5アドレス以上の場合
+250円/月額

 ※ウイルスチェック、迷惑メールチェックが標準でついています。

下記ページよりお申し込みください。

メールアドレス追加の申込み

 

●メールアドレス変更について

下記ページよりお申し込みください。

メールアドレス変更の申込み

 

 

 

 

 

ホームページ開設について

●ホームページのアップロード方法

ホームページの
アップロード方法

1)ftpできるアプリケーションを起動します。

アプリケーション起動後、 各項目の右側をそれぞれ入力。

FTPサーバ ftp.rcctv.jp
ユーザー名 POP3アカウント(FTPアカウント)
パスワード メールパスワード
初期ディレクトリ public_html

2)RCC-FTPサーバーへ接続。

3)public_htmlフォルダの内に、公開したいHTMLファイルを転送。

以上で、ホームページの公開完了です。

TOPページ名を「index.html」または「index.htm」 にしておくと、 http://www.rcctv.jp/POPアカウント(メールアカウント)/ で、ユーザーのホームページをご覧になることができます。

 

 

●CGIサーバの使い方

CGIサーバの
使い方

2005/01/19よりCGIサーバの試験運用を開始致します。

ご利用される方は 「info@rcctv.jp」までご連絡ください。CGIサーバのアカウントを発行致します。

その際、下記の文面をお送りください。

使用したいホームページアカウント名:
xxxxxxxx@rcctv.jp

※ご利用時の注意について※
1)本サービスは試験サービスとなります。自己責任でお願い致します。

2)お客様がCGIを設置した事により、システムに重大な不具合が生じた場合は、お客様の了解を得ずにCGIの利用を停止させて頂くことがあります。

3)CGIサーバに蓄積されたCGIデータは当社では一切保証致しません。したがって、定期的なバックアップをお願い致します。

4)CGIサーバで使える言語は下記のものになります。
  ・perl5(v5.6.1)

 

 

 

CGIカウンタの使い方

 RCCインターネットでは、標準機能としてアクセスカウンタ Count.cgi をご用意(※)しております。お客様の作成されたHTMLファイルに、以下で説明する記述を追加することで、どなたでも簡単にカウンタが利用できるようになります。

 このカウンタは、オプションを指定することで様々な表示形式を選択することが可能です。通常のアクセスカウンタのほか、日付や時計なども表示可能です。また、同じIPアドレスから連続してアクセスがあった場合には、カウンタの値は増えません。C言語で作成されていますので、通常出回っているPerl版のカウンタより高速に動作します。

時間 日付 時計

 

 

基本的な使い方

まず、「support@rcctv.jp」にカウンターを使いたいとメールにてご連絡ください。
サーバ上に登録いたします。 その上で、以下のタグを、カウンタを表示させたいHTMLファイル内に記述してください。

<IMG SRC=”http://wwwc.rcctv.jp/cgi-bin/Count.cgi?df=メールアドレス.dat“>

例えばメールアドレスが「hogehoge@rcctv.jp」のお客様は、

<IMG SRC=””http://wwwc.rcctv.jp/cgi-bin/Count.cgi?df=hogehoge.dat“>

とします。これだけで以下のカウンタが表示されるようになります。

 

 

オプションの記述方法

Count.cgi? に続けて、オプション名=値 と記述します。オプションは複数組み合わせて使用することが可能です。
それぞれのオプションの区切りは & もしくは | となります。

<IMG SRC=”http://wwwc.rcctv.jp/cgi-bin/Count.cgi?オプション1=値1&オプション2=値2&・・・“>

 

 

スタイル

dd=種類 で選択します。デフォルトは dd=A です。

dd=A
dd=B
dd=C
dd=D
dd=E
dd=cd
dd=cdr
dd=cdd
dd=bang

 

 

フレームサイズ

ft=値 で選択します。デフォルトは ft=5 です。 0 ~ 255 まで選択可能です。

<IMG SRC=”http://wwwc.rcctv.jp/cgi-bin/Count.cgi?df=hogehoge.dat&ft=0“>

<IMG SRC=”http://wwwc.rcctv.jp/cgi-bin/Count.cgi?df=hogehoge.dat&ft=5“>

 

 

フレーム色

frgb=R;G;B もしくは frgb=RRGGBB(16進数) で選択します。
デフォルトは frgb=100;139;216 もしくは frgb=648BD8 です。

<IMG SRC=”http://wwwc.rcctv.jp/cgi-bin/Count.cgi?df=hogehoge.dat&frgb=FF0000“>

<IMG SRC=”http://wwwc.rcctv.jp/cgi-bin/Count.cgi?df=hogehoge.dat&frgb=FFFF00“>

<IMG SRC=”http://wwwc.rcctv.jp/cgi-bin/Count.cgi?df=hogehoge.dat&frgb=00FFFF“>

 

 

文字・背景色

srgb=R;G;B&prgb=R;G;B もしくは srgb=RRGGBB&prgb=RRGGBB(16進数) で、変更前の色(srgb)&変更後の色(prgb)という形で記述します。
デフォルトは srgb=0;255;0 もしくは srgb=00FF00 です。

<IMG SRC=”http://wwwc.rcctv.jp/cgi-bin/Count.cgi?df=hogehoge.dat&srgb=00FF00&prgb=FF0000″>

<IMG SRC=”http://wwwc.rcctv.jp/cgi-bin/Count.cgi?df=hogehoge.dat&srgb=000000&prgb=FF0000“>

 

 

透過

tr=値(T or F) で画像を透過するかどうか決定し、 trgb=R;G;B もしくは trgb=RRGGBB(16進数) で透過色を選択します。デフォルトは tr=F および trgb=0;0;0 もしくは trgb=000000(16進数) です。

<IMG SRC=”http://wwwc.rcctv.jp/cgi-bin/Count.cgi?df=hogehoge.dat&tr=T“>

 

<IMG SRC=”http://wwwc.rcctv.jp/cgi-bin/Count.cgi?df=hogehoge.dat&tr=T&trgb=00FF00“>

 

ft=0 と組み合わせることで、枠のない透過GIFが作成されます。

<IMG SRC=”http://wwwc.rcctv.jp/cgi-bin/Count.cgi?df=hogehoge.dat&tr=T&ft=0“>

 

さらに srgb,prgb などと組み合わせることで、オリジナルのカウンタが表示されます。

<IMG SRC=”http://wwwc.rcctv.jp/cgi-bin/Count.cgi?df=hogehoge.dat&tr=T&ft=0&srgb=00FF00&prgb=FF0000“>

 

 

表示桁数

md=値 で選択します。デフォルトは md=6 です。 5 ~ 80 まで選択可能です。

<IMG SRC=”http://wwwc.rcctv.jp/cgi-bin/Count.cgi?df=hogehoge.dat&md=5“>

 

<IMG SRC=”http://wwwc.rcctv.jp/cgi-bin/Count.cgi?df=hogehoge.dat&md=10“>

 

 

ガンマ

comma=値(T or F) で選択します。デフォルトは comma=F です。

<IMG SRC=”http://wwwc.rcctv.jp/cgi-bin/Count.cgi?df=hogehoge.dat&comma=T“>

 

 

日付・時計

display=値(date or clock) で選択します。

<IMG SRC=”http://wwwc.rcctv.jp/cgi-bin/Count.cgi?display=date“>

<IMG SRC=”http://wwwc.rcctv.jp/cgi-bin/Count.cgi?display=clock“>

 

display=datedformat=値 と組み合わせることで、年月日(YYMMDD)の順番を変更できます。
デフォルトは dformat=MMDDYY です。

<IMG SRC=”http://wwwc.rcctv.jp/cgi-bin/Count.cgi?display=date&dformat=YYMMDD“>

 

display=clocktformat=値(12 or 24) と組み合わせることで、12時間制か24時間制を選択できます。
デフォルトは tformat=12 です。

<IMG SRC=”http://wwwc.rcctv.jp/cgi-bin/Count.cgi?display=clock&tformat=24“>

 

timezone=値(グリニッジ標準時GMTとの時間差) と組み合わせることで、世界各地の現地日付・時間を表示させることができます。デフォルトは timezone=GMT+0900 (日本標準時) です。

<IMG SRC=”http://wwwc.rcctv.jp/cgi-bin/Count.cgi?display=date&timezone=GMT-0500“>

<IMG SRC=”http://wwwc.rcctv.jp/cgi-bin/Count.cgi?display=clock&timezone=GMT-0500“>

※ニューヨークの現地日付・時間:標準時

 

 

備考

上記以外にも非常に多くのオプションがあり、CGIスクリプト配布元で詳しく説明(英文)されて
おります。また、web上にも日本語による多くの解説ページがございます。

スクリプト配布元
http://www.muquit.com/muquit/software/Count/Count.html

カウンタ値のクリアや初期値設定は、「support@rcctv.jp」にお問い合わせください。

 

 

 

 




おすすめコンテンツ

internet-menu

rcc-mobile-top-logo

catv-digital-tz-ls300p




Copyright© 2017 Koga Cable TV Co., Ltd., All rights reserved.